2012年5月12日 (土)

遅ればせながら

先月の22日の報告をしておりませんでした。

福島のSSパークで行われた

2012ダートトライアルシリーズ第1戦に出場して参りました。

震災前から

モータースポーツに触れる機会も少なくなり、

ましてや震災を機に、

自分の中ではモータースポーツの「モ」の字も

考えられなくなっていた自分がおりました。

色んなスケジュールを調整しては、

モータースポーツの日程にあわせて行動する自分から、

いつしかモータースポーツが僕の中心軸にはありませんでした。

が、

今回、

20数年来お世話になっている福島の方から、

是非ともエントリーしてくれと

お声が掛かり、

色んな葛藤の中、

結論、出場する事に決めました。

マシンはなんと22歳のギャランVR4RS!!

__

そしてドライバーは弱冠44歳!

モータースポーツ2年強のブランク!小原康二。

正直、

「俺、アクセル踏めるのかなぁ…」なんて思いが過ぎりました(^^;

__1

が、

やっぱ俺。

すごいです(自我自賛)

普通にスタート切られると、

頭のネジが外れてくれました( ̄ー+ ̄)

一本目で3位につけ良い感じ。

ライバル2台は車も良いし、

シッカリ踏めてるドラバー達です。

逆転する為には3秒アップが必要!

チャンスは、、、、ぅぅぅぅ…

やっぱ

自分を追い込んで、

考え、考え、絞り出し、、、

ベストなコースのライン設定を

人から聞き、そして自分で見つけるしかありません。

イメージの中では

何とか3秒詰めるモノを見つけました。

あとはイメージと現実のシンクロナイズ☆

理性と感性、満足と欲望、様々な思いと

車のコントロールをひとつにするだけ!

アドレナリンもチョットだけキターって感じ( ̄ー ̄)ニヤリ

振り返れば、

オーバースピードでミスはあったものの

90点は挙げれるな(゚ー゚)

攻めきった!と言う事でネ。

結果1.5秒 詰めました。

が、

相手もミス無く2本目をこなされましたので、

トータルで3位。

Img_2681

久々に気持ちの良いレース競技になりました。

そして何より、

久々にお会いした、

レース仲間の笑顔、思い、に出会え、

会話できた事。

それがサイコーでした☆

またの機会がありましたら、、、、

今度もイケイケゴーゴーで生きますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月15日 (日)

出会い

1334473855370.jpg
今から五年前、僕がタイでレース活動をする際

スポンサーになって頂き応援して頂いた

小川裕治さん。

実は今日初めてお会いしました。

その頃、小川さんは韓国でお仕事されてたな。

ニュージーランドの方を介して繋がったんだよな。

その時も感じはしたが

今思っても妙な事だよな…と。

どこの馬の骨とも分からない若僧に、

メールひとつでスポンサーしてくれるんだから(^^)


1334473858086.jpg
昼食と空港までの短い時間の中ではあったが

お互い昔からの知り合いの様な感じで

心が、会話が繋がっていく…。

またお会いしましょうね(^-^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月23日 (金)

今年初

1316733683408.jpg
仙台ハイランド、今年初で来ました。

震災の爪痕が残っているものの

良くぞここまで復旧しましたね。

関係各位に感謝ですm(_ _)m

サーキットの空気を体イッパイに

感じて行こう(^O^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月13日 (土)

お父さんレーサー Ⅴ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お父さんレーサー Ⅳ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お父さんレーサー Ⅲ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お父さんレーサー Ⅱ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お父さんレーサー Ⅰ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月13日 (月)

筋 書

F1第7戦カナダGP決勝がジル・ビルヌーブ・サーキットで行われた。

って自分、寝てたけど…( ̄▽ ̄;)

最終ラップで絶好調のべッテルがスピンして、

J・バトンが優勝という劇的な幕切れだったようだ。

それにしても

小林可夢偉、第1戦のリタイヤ以降、

全戦ポイントを獲得している。

こういった戦いを続け、隙あらば!狙って欲しい!

来年のホットなシート獲得に向けて頑張って欲しいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 3日 (金)

『超』運転術

ミハエル・クルムのレーシング「超」運転術 改訂版 Book ミハエル・クルムのレーシング「超」運転術 改訂版

著者:ミハエル・クルム
販売元:東邦出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ハイランド『2分切り!』を目指して☆

何事も勉強は大切です。

何よりの発見はミハエル・クルムの人間性。

伊達公子が惚れたのも解るわ(笑

ゲルマンの容貌を持ったサムライだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧