« 本 番 | トップページ | 選 挙 »

2012年12月10日 (月)

倫 理

活断層が通っている為、敦賀原発廃炉の可能性大!

それについて
原子力規制委員の答えと経済界のそれに対する意見で

対立しているニュースを観た。

かたや、活断層と認められるところに再稼働は認められない。

もう一方で4000人の雇用が失われる。

それら問題を対比するもの?対比出来るものなのか?

とても疑問である。

そういった取り上げ方をするメディアに残念だ!

当たり前の様に、「金融政策」「デフレ脱却」

それはそれで良いが、それでは、これからの日本は何処へ向かう?

どうなりたい??

当たり前の様に僕等も捉えているのだが

今のこの時代、物に溢れ、情報に溢れ、ジャブジャブの時代に何を求める?

現在進行形で福島原発で起きている現実。

4000人以下の被害者で済んでいるのか?

それらを我々は忘れてはいないか?

忘れてはいなくとも他人事になってはいないか…。

今が良ければ、未来はどうでもいいのか?

もう、

これは倫理の問題、生命の問題であって銭金と比べる問題ではないと思う。

生かされているからこそ、

未来に、そして次世代に、少しでもいい形でバトンタッチ出来る様、

我々は、思い、考え、行動しなければいけないと強く思った。



|

« 本 番 | トップページ | 選 挙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184988/48279531

この記事へのトラックバック一覧です: 倫 理:

« 本 番 | トップページ | 選 挙 »