« は る | トップページ | ロ ゴ »

2012年4月 8日 (日)

書き留めておこう

夢を叶えるまで口にして、それがいつしか言霊になり、以心伝心する。三歩進んでは二歩下がり…、それでも振り返れば前に進んでいる。そしていつか必ずその大志は事を成す!
さぁ同志よ仲間よ、前だけ見て道を切り開こうではないか!
「君の見ている先にあるものは?」

息子のみている先にあるものは、
いったいなんだろう。

人がやる気をだすためにどうしたらいい?

こう息子一号に質問した。

... 「でっかい夢をもつことや」

その夢とは、

「人に話したらな、
ばかばかしくて笑われるような夢」がいいらしい。

大統領になりたい、っていったらな、
みんなに笑われるやろ。
でもな、
大統領になれなかったとしても、
大統領になりたい!って本気でおもったら、
どうやったらいいだろう?って考えるやろ。
やる気って思ってるだけじゃあかん。
行動やねんって。

考えたことを行動して、
必死で勉強して、
人に会ったりして、
大統領になるためにがんばったことって、
大統領になれへんかっても、
将来ぜったいに役に立つねん。

大統領になるために、がんばってきたことで、
世界をみたい、とか、
小さな夢は勝手にかなってくるものなんや。

がんばるって、できないから、がんばるやん。
大きな夢にがんばってたら、
小さい夢はがんばらなくてもええ。
夢って叶ったら当たり前になるから、
がんばらなくてもよくなるねん。


「そんな夢をもてない子ってどうしたらいいの?」

小さいときって誰でも夢ってあるやん。

なんでもええねん。
小さい夢でもなんでもええねん。
誰かの笑顔がみたいとか。
はやく大人になりたいとか。

そしたら、
どんな大人になりたいか、
考えるやろ?
理想の大人ってどんなんかな?って。

理想の大人になれへんくても、
理想の大人になるためにがんばったことって、
無駄にはならへんやん。

たとえば、
学校にいけなかったり、
なじまなかったりして、
今いる場所がじぶんにあわなくて、
世界征服したいと思ったとするやろ。

それって、
「世界」に目をむけることになるやん。

裕福な人とか、貧乏な人とか
どうやって養っていくか、
考えなあかん。

そういうことを考えたことがない人って
会社にはいって、
上司になって、
部下が失敗したときに、
「お前がそれができないからあかんねん」って
上からものをいうやろ。

でも、
世界征服するためにがんばることって
人に笑われるかもしれへんけど、

貧乏でうまくいってない人とか
下の人のことを考えれるようになって、
ちゃんと、できない人の気持ちがわかるから、
「ここがこうしたらいいよ」って
アドバイスできるようになってるねんって。


「大人がやる気を出すためにどうしたらいい?」

50歳からでもな、
オリンピックにでるって夢をもつってな、
人に笑われるかも知れへんやろ。
でもな、
毎日走ったり充実した毎日を過ごせるやん。
それって、健康とか、笑顔がかなってるやん。

小さいころ思ってた夢って誰でもあるやろ。

どんな夢でもええねん。
笑われるくらい、
ばかばかしい夢をやってみたらええ。


「夢をかなえる秘訣は?」

小さいパン屋さんをやりたいって人がいるやろ。
思っているだけじゃ、あかんねん。

こんなパン屋さんやりたい!って人に言わな、
助けてもらえへん。

宇宙飛行士になりたかったとしても、
世界征服したかったりしても、
人にいうねん。

そしたら、誰かが助けてくれるかもしれへんやん。

ばかばかしくても、
笑われてもな、
人に言ったほうが
夢はかなう。




大きい夢をおいかけてると、
勝手に小さい夢はかなっていく・・・
人に夢を話すと
夢は叶う・・・

このことを、
15歳の彼がわかって、
そこに本気で向かっている。

そんな彼は
行く高校がなく、
先生にかなり心配されたいわゆる落ちこぼれ。

どうやったら、〇点をとれるのか?
「英語で〇点をとる方法」(笑)を本にできるのは、
彼しかない、というくらい、
本当に勉強が苦手な子。

子どもの可能性は、
学校の勉強だけじゃはかりしれないということ。。。

勉強してもわからない、
夢をかなえる法則を、
彼は知っている。


「君の夢はなに?」

お兄ちゃんの夢はな、
1000年生きることや。
夢ってな変わるかも知れへんけど、
お兄ちゃんは変えへんつもりや。

ほかにも小さい夢はいっぱいあるねんで。

たとえば、
大きくていっぱいなるトマトをつくるとか、
楽においしい野菜をつくるとか、

そういうのって、
1000年生きてるうちに叶うやん。

たとえば、
トマトをかじってそれが、
勝手に復元するようなことができてたら、
人の細胞も復元する技術をつくれるやん。
そんなん、1000年のうちに、
叶いそうやんか。

そしたら、1000年誰でも生きてられるようになったりするやん。



新しい発明は枠を超えていったときに、
生まれるもの。

15歳の彼の夢がかないますように。

|

« は る | トップページ | ロ ゴ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184988/44805296

この記事へのトラックバック一覧です: 書き留めておこう:

« は る | トップページ | ロ ゴ »