« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月31日 (土)

転 機

Img_0806

あたくし調理師ライセンスを持っておりまして…。

でも、

魚をさばいた事ありませんが、なにか…ヾ(;´Д`A

会長いつもいつもありがとうございます。

来年こそは、きっと遊びにお伺いします。

2011年も年初は普通に?過ごそうと考えてたはずの自分。

普通?に仕事して、

普通?に父親して、

モータースポーツ関係では、あんな話しやこんな話しで、

マラソンも走れるようになってきたので益々精進して…

なんてね。

しかし、

普通って何!幸せって何!

自然の驚異と人間のちっぽけさを

まざまざと感じた今年。

今までの生き方、

これからの生き方の考え方に大きく影響を受けた。

自分が親として大人として子供たちの未来に何が残せるか…。

震災後の様々な出来事に考えさせられるにつけ

本気で何かを未来に残そう考えていなかった自分に気付きました。

自然を尊び、共存共栄、心豊かに人間らしく

過ごせる世の中をつくりたい。

そんな思いから

岩手県議会議員(花巻選挙区)に立候補!

2ヶ月にも満たない選挙活動、

200万円の選挙資金、

同級生が、仲間が、そして地域の方々が

ボランティアで選挙活動を共に戦ってくれました。

結果、

落選しましたが、

8025票もの想いの詰まった票を

みなさんから頂戴しました。

たくさんの出会い、

手を強く握り涙ながらに、今の堕落した政治に

憤りをぶつける人。

明日に希望を持ち、何とかしたい!と目を輝かせ願う方々。

私はそれをしっかり受け止め、忘れはしません。

当然、たくさんの悔しい出来事も!

結果は落選ですが

その際の口約(公約)をひとつでも多く形にしてまいります。

そして勉強し続けます。

今、形に近づいているものが

総合型地域スポーツクラブの創設です。

来年4月スタート出来る様、

たくさんの方々のご協力をいただきながら、

ひとつひとつ階段を登っているところです。

「一貫性のあるスポーツ指導を通し、未来ある大切な子供達の育成をするとともに、地域住民の健康増進、並びにスポーツをキッカケに、多世代の交流の場を提供し、住民のコミュニケーションの向上を図る。」

こんな使命をもって活動します。

言った事はヤル!!

そんな人間を目指し来年もガンバります。

本年もお世話になりありがとうございました。

来年もどうぞ

よろしくお願いしますm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月23日 (金)

叫 び

ここ最近サボッとります。

いつもご覧になってる方すみません。

ここ一週間の冬模様。

夏秋で蓄えた土のぬくもりまで

もっていった感じですね。

あらためて

季節は「冬」なんだね。

福島の農家の婿さんのブログ。

この方のブログ、

心にくるなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月11日 (日)

現 状

3.11以降、

今なお被害が拡大しているフクシマ…。

そこに生まれ育った方々、

そして目には見えない夢のような現実の挟間で

生活されている方々を思うと、

文章もなんとかいたら言いか…。

自分が思う気持ちを文章にすると、

なんだか、そこに住んでいる方々を

虐げているような気持ちになる。

国、県、市行政も東電も報道も信じられない!

日々、理不尽な対応、

思いやりひとつ感じない対応。

卑屈にもなるであろう。

再興を目指すが

業界が違うだけでお互い不信感を抱き、

殻に閉じこもっているようにも見える。

悲しすぎる…

私が一番強く思うこと、伝えたい事は

この原発事故は

他人事、フクシマ事ではないって事!!

仮に僕が外人だったら、

この原発事故の問題はフクシマの問題ではない!

日本の問題。という視点でみるだろう。

そして世界をも巻き込んでいる事。

不安を助長させてしまう事もあろうが、

ひとりでも多くの人が関心を持たないといけない

出来事であること。

であるから、私は発信します。

僕のクルマ仲間

3.11以前はカーライフを発信していたブログ。

でも今は違う…。

ひとりでも多くの方にご覧になっていただきたい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 8日 (木)

ステップ2

12/16 東電福島第一原発事故の

「ステップ2」という行程作業が終わる…と。

一昨日も賠償指針の骨子が出て、

警戒区域、計画的避難区域外の23市町村に対しての

賠償内容も発表された。

その対象者に、もし自分がなったとしたら、と考えると…、

「ちょっと、ふざけんのもいい加減にして」

と、吐きたくなるような内容に感じる。

先日、福島市内に住まれている経済人、農家などの

方々と、色んな話しをさせていただいたが、

国、東電、地方行政、JAなどなど、

アノせい、コノせい、の話しの堂々巡り。

誰もが行き場、やり場の無い、

行き詰った状況に、ただ事、他人事ではないものを

強く強く感じる。

そして、とにかく放射線の種類、特製など

一般住民達が沢山の知識を持ち合わせている。

「原発事故が起きる前から原子力に詳しかったのですか」

の問いに、

「この原発事故が起きたから興味をもったのだよ」と。

ごもっともだろう。

福島市内でも通常で2~3マイクロシーベルトの数値があったりする。

そこに大浪地区の津波で被災された方々の仮設住宅街がある。

さすがに津波などの自然災害は福島市内には来ないが、

すでに高放射線が降り注いでいる地域。

まさに人災と言う名の、あってはならない災害である。

あちこちで除線作業や

表土の削除などをしている。

しかも、その行き先、置き場さえも決定していない。

また、

表土(土の種類が砂)を15センチ削っても削る前の数値から

1ベクレルしか違わないとの事…。必要なのか??

そして、また1ヶ月もすれば、もとの数値に戻ってしまうという

今のフクシマの現状なのである。

それに我々の血税が使われているのだ。

「安全宣言」から一転して日々、宣言される出荷停止のフレーズ!

賠償指針の骨子、

ステップ2からステップ3、

でも、

問題の根幹をもっと見つめ、ぶれないで欲しい!!

問題の根源を絶たない限り

今の作業や対応、

表土入替、

賠償、

をしていても本当の再生は出来るはずが無い。

いわゆる、

一刻も早く避難区域を拡大し、避難させ、

燃料を取り出し、ストップさせる作業に最大限の技術、お金を投入する。

日本国民として、

全国民で取り組まなければいけない問題なのである。

他人事ではないのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 7日 (水)

成 長

Img_5334

誕生日ネタで今日も引っ張ります(笑

三女がラーメンを作ってくれました。

普通にウマイ(*^m^)

一歩一歩、日々、成長しているんだなぁ…

と、あらためて実感。

Img_4230

こんなものを正面に眺めながら、

ラーメンとケーキを頂きました。

Img_2207

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 6日 (火)

感 謝

44歳になりました。

数字にすると44歳、

でも、その44歳の自分想像出来なく、

しかし、現実は44歳の自分なわけで…

ただただ生きてきたら、この歳に…みたいな。

沢山のみなさんからお祝いメール等々頂いて

感謝、感謝です。

うれしいもんです、ダテに歳だけは、くってねぇな、、

と言った感じです。

ほんと、いままでも皆に支えられ生かされてきました。

これからも何卒、小原康二 よろしくお願いいたしますm(_ _)m

ありがとう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 1日 (木)

師 走

はやい…

早過ぎる…

気付けば2011年も残すところ1ヶ月…

やる事…

やらなきゃいけないこと…

やらなくてもいい事…

頭の中で、それがいっしょくたになって

気持ちはせかせか(;;;´Д`)

ひとつ…

ひとつ。

昨日はフットサルメンバー達から誕生会を催してもらった。

いつも、ありがとう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »