« 任 命 | トップページ | 週 末 »

2011年5月13日 (金)

核 心

今朝の岩手日報の朝刊を見、

岩手県の約3年の復興骨子案が掲載されていた。

とても簡単に見えるが、

これを面前に公開するまで

我々の想像を超える労力が掛かっているんだろうな、、、。

と、

純粋に思うし、労をねぎらいたい気持ちになる。

でもやっぱりスッキリしない…。

核心に触れてないと思うのだ。

結論から言うと市町村合併!

また、それに準じた今後の動向!

コレを抜きに本物の復興案など無いのではないか??

と思うのである。

海産に恵まれた三陸だ!

自然に恵まれた三陸だ!

さも

ごもっともに聞こえるし、実際にそうなのだが

震災前から

高齢化、過疎化へ突き進んでいたはずの多くの町。

復興案には、その欠片も入らずに、

ただただハード面ばかり前面に押し出し、

それで皆を丸め込み、

落ち着かせようとしている様にしか思えない。。

中身が薄っぺらなのですよ。。。

合併など今この段階での話しではない!

といった様な

論調も多数あるのかもしれないが、

今だからこそ、

世界中からお世話になって

復興へ向けてるからこそ

本物の、そして本気の岩手の復興への

意気込み、そして行動を見せるべき時!!

だと

僕は思うのである。

この期におよんで

いままでの既成概念から抜け出せない輩達は

100年後の真の岩手の復興を想像することと

創造することは決して出来ないと思うのである。

体当たりで戦って欲しいと思い願う。

それは誰の為でもない

|

« 任 命 | トップページ | 週 末 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184988/39969935

この記事へのトラックバック一覧です: 核 心:

« 任 命 | トップページ | 週 末 »