« 自 立 | トップページ | 春 眠 »

2011年4月12日 (火)

日 々

昨日、約1週間ぶりに被災地、

釜石~軽由~起喜来 へ行って来ました。

久しぶりに行く事で、瓦礫だらけだった景色も

人の手が加えられている様子、

この一週間の人々のご労苦が伝わってきた。

それはそれで、

被災地の方々でも置かれている立場の違い、

例えば

避難所暮らし方と自宅が残った人達の暮らし。

仮設住宅に入居が決まった人達の問題。

漁業を復興策にした施策の問題等々。

さまざまな先行きへの不安、現実への不満、

まだまだ瓦礫の残る、冷たい海風の

吹き付ける中、現地の方の話しを伺ってきた。

瓦礫だらけの町、そして国道をひとつ挟むと

パチンコ店がネオンを煌々と焚き

駐車場がクルマで一杯になってる景色を横目で眺めながら、

帰路へついたのですが

不思議な感覚、言葉に出来ない感覚に苛まれました。

これが同じ国なんだ…

|

« 自 立 | トップページ | 春 眠 »

コメント

お邪魔します。
初めてのコメントです。

先週私も陸前高田に行きました。
被災者の方の生活を考えると、自分は既に限界かなと思います。

そして、帰り道 パチンコ屋がいっぱいだった。いろいろな人がいるもんだと。

口ではいろいろと言えるけど、行動も伴わないといけないと、思いました。

投稿: kunma | 2011年4月12日 (火) 18時13分

kunmaさんコメありがとうございます☆

みんながみんな、そうじゃないにせよ、

何だかなぁ…、って。

きっと大きな仕事やら支援して

ちょっと息抜きに、、、ってのも

あの中にはあるのかも…。

でも、でも、、、、

言葉に言い表せない感覚が…。

そこにはありました。

津波の爪跡の境界線と

人それぞれの気持ちの境界線と。

距離じゃないのかもしれませんね。。。

とにかく複雑でしたdownwardright

投稿: Kism | 2011年4月12日 (火) 19時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184988/39579750

この記事へのトラックバック一覧です: 日 々:

« 自 立 | トップページ | 春 眠 »