« 速 報 | トップページ | 日の出 »

2010年12月13日 (月)

結果報告

Img_8209

楽しみにしていた『あづま荒川クロスカントリー大会』

もう『たのしい!』の一言でした♪(o ̄∇ ̄)/

Img_3480

立派な競技場から林間から河川敷へと…。

土あり、砂利あり、砂あり、芝生あり、

当然、アップダウンもしっかりね!

基本、

競技場から河川敷に入れば、上流側へ向かい、

上流のダムを渡り、向こう岸を下ってくるコース。

スタートして、河川敷に入った時、

向こう岸から、繋がっている砂防ダムを目に焼き付ける。

『この景色を見た時、ゴールはスグそこだ!』って。

目標は52分!!

コースもコースだし、120㌫の自分の力を出し切らないと

到底及ばないタイム。

最近の空気は乾燥してて、すぐ喉が乾きます。

『はぁ、ハァ、みんな速いなぁ(汗』

脇目も振る余裕も無かったが、左手には川、そして右側に沢、

といった景色があったり林間があったり、

ゆぅっくり歩けばマイナスイオンをバリバリ感じれそうな所を

ぶっ飛ばして走ります。

人によっては、ふくらはぎ付近に泥を巻き上げながら走ってます。

やっと折り返しであろう、

上流の小さいダムで、対岸に渡ります。

ココまで来たんだぁ(/ ^^)/

もう競技場に向かって走るだけ!

ガンバれ、自分♪

道なき道を(大袈裟)前へ前へ進みます。

スタート直後、目に焼き付けた砂防ダムが見えてきました。

よぉし!オレ、踏ん張れ!

数少ない距離表示板には残り1㌔!

『よっしあぁぁぁ!』

時計に目をやる。(スゲェ!タイム

砂防ダムを渡り、さぁ競技場へ!

と、思ったのも束の間…。

コース員が両手に旗をもち、そして『上流へ向かえ』と

誘導してるのです。

『えっ??』

そして初の給水ポイント『おぉぉい、給水しろ!!』って。

『なんでゴール間近で給水や?』

僕はまだ状況を掴めません(・_・)エッ....?

『競技場がゴールだと思ってたけど河川敷でゴールだったんだ』

みたいな。

だけど、ランナー達皆はドンドン上流へ向かって行きます。

?????まだ意味が分からない。わかりたくないが正解かな…

対岸を下ってくるランナーを見て、やっと理解出来ました。

周回コースだったのねぇぇぇ(≧ヘ≦)

もう直ぐラストだぁ!!ってスパート掛けた自分、、、、、

その時、心折れました…。

折れた気持ちを

持ち直すのに2,3㌔時間と距離を要したと思います。

なんとかペースも戻した様です。

さぁ、また例の砂防ダムが見えてきました。

今度こそラスト1㌔!

ガンバれ、自分!!

心待ちにしてた競技場♪

時計を覗くと、目標タイムとのギャップで

ここでも精神的に凹んだ。

が、

今シーズンこれがラストラン!

『出し切れ!!オレ!』

自分にムチ打つ。

結果どうであれ、いつも感じれる

『充実感』『達成感』がそこにはある。

これが最高のご褒美やな(* ̄ー ̄*)

前日には福島の仲間に競技場や河川敷を案内してもらった。

が、

当日は、ひとり現地入り。

一人勝手に、ワンウェイのコースだと思い込み、

なんの確認もせず、

気にしていたのはスタート時間と集合場所だけ。

終わってみれば

ヤっちまったなぁ、オレ、、、、、ε-( ̄ヘ ̄)┌

終わってからパンフの1ページをめくると

そこにはコース図が…(車の競技のコース図に似てる)

ちゃんと書いてるじゃん…

でも、スタート前に仮に、そのページに目が触れても、

『ワンウェイ 』って頭にしか無かったと思うので

見落としてたんだろうな。

今年最後のレースで教訓を授かりました。

いや、むしろ毎回、失敗と反省の繰り返し…

『捉われるな、疑問を持て、落ち着いてモノを、そして自分を見ろ』

何をやるにも毎回終わってから再認識します。

が、

毎回忘れてます…┐( ̄ヘ ̄)┌

来年はクロカンに留まらずトレランにもトライしたいな♪

今回の経験はとてもイイものになりました。

応援していただいた皆々様ありがとうございましたm(_ _)m

Img_2142

|

« 速 報 | トップページ | 日の出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184988/38060775

この記事へのトラックバック一覧です: 結果報告:

« 速 報 | トップページ | 日の出 »