« 笑う門には | トップページ | 門廻し »

2008年1月 4日 (金)

箱根駅伝

正月、絶対に目にする箱根駅伝。

やっぱりスポーツは人々に感動や勇気を与えてくれる。

とてもシンプルなスポーツだからこそ、レースの駆け引きや

メンタル面の占める割合が、どれだけ大事か、見て取れる

スポーツですね。

優勝候補の一角が往路で途中棄権し、復路はオープン参加。

単純に力比べを机上の空論で行なえば、その大学は往路は

ダメだったけど復路では前の方を走るはず…。

が、実際、走ってみると、一度途切れた

気持ちでは、もうそこを走れる力を封印してしまってるようなもの。

ほんとに、その大学?という感じ。

つくづく、『心の持ち方』の大切さを、今年の箱根駅伝で感じさせられた。

自分も意識の高い環境に身を置いて行きたいと思ったし

事あるごとに自問自答出来る習慣を身に付けたい、なんて思った。

それにしても棄権するチームも多かったね。

過去最高、って記事も目にしたけど。

ハイスピードになってきたのかな?ってのもあるけど

給水や、走る為の道具も年々進化している事を差し引き

みたいな感じで、走り続けて欲しいな、って思う。

感動と勇気の影に、折れる心も見えたのが現代を

反映してるようで、なんだか残念に思えた。

話しは変わるけど、遠野高校も頑張ってるね。

あと1回勝てば、国立!そうすればテレビの前で応援できるね♪

応援してるから頑張れよ~!

|

« 笑う門には | トップページ | 門廻し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184988/9710479

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根駅伝:

» 箱根駅伝で棄権者が出るのはなぜか? [OKWAVEと教えてgooで知識を補充する人のブログ]
今年は波乱の内容でしたが、駒沢大学はさすがの強さでした。史上初、3校途中棄権=指導法などに批判も���箱根駅伝3日に終了した第84回東京箱根間往復大学駅伝競走で、大会史上初めて3校が途中棄権する結果になった。前日の往路5区で順大、この日の復路では9... [続きを読む]

受信: 2008年1月 4日 (金) 10時56分

« 笑う門には | トップページ | 門廻し »