« MAXON OIL インプレッション | トップページ | 田植え »

2007年5月11日 (金)

娘へ きみの人生へ贈る言葉

深夜の強風で目が覚めた僕でした。

それにしてもスゴイ風でした~。みなさんの所ではどうでしたか?

Musunehe 昨日、目的も無く、本屋に立ち寄ったら

ついつい買っちゃいました。

父が愛娘に対し、思い付いた事を

短い手紙にしたものが200通以上、それを綴った本です。

いつ娘が見るかわからないけど、きっといつかは見てくれて

そして自分なりに、その言葉を感じてくれるだろう。という

願いを込めて。

何度も読み返すたび、感じる部分が変わっていくような

気がしますね。そんな他愛も無い、当たり前の事を

手紙にしてるんですから、当然と言えば当然ですね(^^)

これを、パクッて僕の娘達にメッセージ送ろうかな(^^;)

娘へ きみの人生に贈る言葉 Book 娘へ きみの人生に贈る言葉

著者:アラン・アヤシュ
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« MAXON OIL インプレッション | トップページ | 田植え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184988/6377465

この記事へのトラックバック一覧です: 娘へ きみの人生へ贈る言葉:

» 卒業の贈る言葉 [贈る言葉]
卒業の贈る言葉は、一番難しいかもしれません。6年間過ごした小学校を卒業する卒業式で贈る言葉は、卒業生の将来、卒業生の楽しかった思い出、そして、小学校に残る在校生も踏まえた贈る言葉がいいでしょう。人生の中で、3年で終わる中学校や高校と違い6年間も過ごした小学校は誰しも、すごい思い入れがあります。そんな卒業式での贈る言葉は、卒業生の気持ちを考えると、一番いい贈る言葉が作れます。自分が卒業生だった時の卒業式での贈る言葉。今でも心に残っているのは校長、PTA会長の贈る言葉より、在校生... [続きを読む]

受信: 2007年5月19日 (土) 18時32分

« MAXON OIL インプレッション | トップページ | 田植え »